人との繋がり

社労士事務所開業を目指す yoshiです。
ブログへの訪問ありがとうございます。

最近、つくづく思うことがあるんです。
それは、人との出会い、そして繋がりがいかに大事かということです。

時間もお金も掛かることであるのですが、それを上回るものが返ってくるんです。

私自身は元来、人付き合いが積極的ではない方なんです。
好んで友達を作ろうとするタイプではありませんでした。
(今も基本的にはそうですが…)

でも、社労士として開業する上では人との出会い、繋がりは絶対に必要ですね。
他の士業の方と知り合えば、自分の分からないことを聞くこともできるんです。例えば、税金のことが分からなければ、税理士さんに聞けば分かります。
また、同じ社労士でも、年金に詳しい人もあれば、給与計算がプロフェッショナルの人もいます。また、セミナー講師が得意な人も、と社労士業務の中で専門が分かれるんです。
(社労士試験は広く浅く知識が問われますが、実務は深く狭くです)
自分が得意でない分野の仕事であれば、他の社労士にお願いすることもありますよね。

でも、そうゆうふうにして、仕事が回ってくるんですね。
DM、FAXでの営業も効果はあると思いますが、やっぱり、知ってる人に仕事をお願いするんではないかと考えています。

でも、闇雲に人と会えばいいというものでもありません。
黄金の人脈を見つけることだと思います。そのためには、人を見抜く力が自分に必要です。

これまで、ケアマネとして相談業務、連絡調整等をしてきました。
要介護者、介護者、サービス事業所担当者等、沢山の人と出会い、仕事をしてきた経験が活きています。

これから、どんな人と出会うのか楽しみです。