アスク労務通信(アスク労務管理事務所のメルマガ)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

NO.2  発行日 平成29年 9月 1日(金)

みなさん、こんにちは。
社労士の久保です。

朝晩は涼しくなってきて、秋を感じる季節になってきました。
体調は崩されていないでしょうか?

8/27(日)に「第49回 社会保険労務士試験」が行われました
受験生の時は社労士試験が終わると、「夏が終わった」と感じていました。実際
に急に涼しくなったりしていましたね。
私が受験した2年前も、朝から暑かったのを覚えています。午前の択一式が終わっ
た時に「落ちたかもしれない!」と真剣に思いました。時間がギリギリで試験監督
が「やめてください」と言う直前まで、マークシートを塗っていました。
あれから2年、その時は、社労士事務所を京都駅前に開業しているとは想像もでき
ませんでした。

今年受験された方、本当にお疲れさまでした。まずは、1年間頑張った自分を褒め
てあげて下さい。しばらくはゆっくり休んで、これまで我慢していたこと等をして、
リフレッシュされてはどうでしょうか。
人にもよると思いますが、私の場合は3,4日は自己採点が出来ませんでしたね。


今回の内容は「最低賃金」と「無期転換ルール」です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最低賃金引上げ額は「平均25円」で過去最大の上げ幅に!

◆引上げ額は全国平均で25円
7月27日に開催された厚生労働省の第49回中央最低賃金審議会において、今年度
(平成29年度)の地域別最低賃金額改定の目安が公表されました。
今年度の引上げ額の全国加重平均は25円(昨年度24円)、改定額の全国加重平均
額は823円(同798円)となっています。

◆全都道府県で20円を超える目安額に
各都道府県に適用される目安のランクは以下のようになっています(都道府県の
経済実態の応じ、全都道府県をABCDの4ランクに分けて、引上げ額の目安を示して
います)。
【各都道府県に適用される目安】
・Aランク(引上げ額26円)…埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪の6都府県
・Bランク(引上げ額25円)…茨城、富山、長野、静岡、京都、広島など11府県
・Cランク(引上げ額24円)…北海道、宮城、群馬、新潟、岐阜、山口など14道県
・Dランク(引上げ額22円)…青森、岩手、福島、鳥取、長?、鹿児島、沖縄など16県
全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率は昨年度と同じ3.0%です。
 
◆改定は10月から
今後、各地方最低賃金審議会において上記の目安を参考にしつつ、それぞれの地域
における賃金実態調査などを踏まえて、各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を
決定します(10月1日から10月中旬までの間に順次発効される予定です)。
上記の目安額通りに最低賃金が決定されると、最低賃金が時給で決まるようになっ
た平成14年以降、過去最高額となる引上げとなります(昨年度は18円)。



来年4月から本格化する「無期転換ルール」に
関する調査結果

◆改正労契法で定められたルール
2013年に「改正労働契約法」が施行され、同法18条により、同じ事業主の下で契約
更新が繰り返されて通算5年を超えた有期契約労働者は、本人の申出により「無期
雇用」として働くことができるようになりました(いわゆる『無期転換ルール』)。
施行から5年が経過する来年(2018年)4月1日から本格的に、期間の定めのない労
働契約(無期労働契約)に転換できる権利を有する労働者が生じることとなります
が、そんな中、連合から『有期契約労働者に関する調査報告』が発表されました。

◆ルールの認知度は?
この調査は、本格的に無期労働契約への転換が始まる前に、有期契約労働者の改正
労働契約法についての認知状況や考えを把握するため、今年4月に実施されたもの
です(有効回答者数:1,000名)。
まず、『無期転換ルール』について、「ルールの内容まで知っていた」は15.9%に
とどまっており、「ルールができたことは知っているが、内容までは知らなかった」
が32.9%、「ルールができたことを知らなかった」が51.2%で、この2つを合計した
『内容を知らなかった』は84.1%となっています。
ルールの対象者となる労働者の中ではまだまだ認知度が低いようです。

◆ルールに対する考え方
また、『無期転換ルール』についての考えを尋ねたところ、「契約期間が無期にな
るだけで待遇が正社員と同等になるわけではないから意味が無い」が54.5%で最も割
合が高く、次いで「無期契約に転換できる可能性があるのでモチベーションアップ
につながる」が37.1%、「契約更新して働き続ける可能性が狭まる」が31.3%となって
います。

◆会社としての対応は?
いずれにしても来年4月からこの『無期転換ルール』の適用が本格化するわけですか
ら、「まだ何も対応していない」という会社では、まずは対象となる従業員に対し
て制度(ルール)を説明し、あわせて無期転換となる労働者の待遇の決定、規定の
整備等を行う必要があります。


●今月のアスク労務管理事務所
8月から社会福祉施設や介護事業所に訪問させていただくことが多くなりました。
お話をお聞きしていると、どの施設も同じ悩みをお持ちで、この業界にいた私に
は手に取るように理解できる内容でした。今は社会保険労務士として、外から
業界を見る立場になりましたが、職員の思いや管理する人の思いも分かるつもり
でいます。私の経験と知識でアドバイスができれと思います。お気軽にご相談
下さい。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
医療機関・介護事業所を専門とする社労士事務所
発 行 元:アスク労務管理事務所
発行責任者:所長 久保 義信
所 在 地:〒600−8216 京都市下京区東塩小路町579−11−302
TEL:075−746−7825 FAX:075−746−7826
HP:http://ask-romu.com/
配信停止希望の方は、http://ask-romu.com/まで

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆