アスク労務通信(アスク労務管理事務所のメルマガ)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

NO.19  発行日 令和 元年 5月 1日( 水 )

みなさん、こんにちは。
社労士の久保です。

「平成」から「令和」へと時代が変わりました。

時代がものすごいスピードで動いているように感じています。
事務所に関連することで言えば、働き方改革関連法、消費税増税、外国人労働者の
受入れ、申請の電子化、年金制度改正等が挙げられます。

当事務所も時代の流れに対応していく必要があると感じています。
最新の情報を取り入れ、顧問先様、関与先様へ情報提供できるよう
支援をしてまいります。

「令和」の時代が、全ての人に取って良い時代でありますことを願っています。


今回のテーマは「働き方改革関連」です。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



平成31年度の地方労働行政運営方針の重点施策



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「平成31年度地方労働行政運営方針」が厚生労働省で策定され、4月1日に公表
されました。各都道府県労働局においては、この運営方針を踏まえつつ、各局の
管内事情に即した重点課題・対応方針などを盛り込んだ行政運営方針を策定し、
計画的な行政運営を図ることとしていますので、本方針を確認することで、今後
の労働行政のあり方が見えてきます。以下、その中でも重点施策として挙がって
いる項目を取り上げます。

◆重点施策1:働き方改革による労働環境の整備、生産性向上の推進等

働き方改革に取り組む中小企業・小規模事業者等に対する支援等、長時間労働の
是正を始めとする労働者が健康で安全に働くことができる職場環境の整備等、雇
用形態に関わらない公正な待遇の確保、総合的なハラスメント対策の推進、柔軟
な働き方がしやすい環境整備等、治療と仕事の両立支援、生産性の向上等に向け
た各種取組等を実施するとしています。具体的には、助成金の創設や、長時間労
働の是正、改正労基法等の施行への対応、長時間労働の是正および過重労働によ
る健康障害防止の徹底、労働条件の確保・改善対策(賃金不払い残業の防止、ブ
ラック企業等への取組み、外国人労働者や技能実習制等の労働条件確保対策の推
進、労災かくしの排除に係る対策)、年次有給休暇の取得促進や勤務間インター
バル制度の導入促進などです。

◆重点施策2:人材確保支援や多様な人材の活躍促進、人材投資の強化

職業紹介業務の充実強化による効果的なマッチングを推進し、人材不足分野など
における人材確保と雇用管理改善等を推進し、また、女性、障害者、高年齢者、
若者、生活困窮者等の活躍促進、職業生活と家庭生活の両立支援、外国人材の受
入れの環境整備等に向けた各種取組みを実施するとしています。具体的には、母
子家庭の母等の雇用対策の推進等、男性の育休取得促進、多様な障害特性に対応
した就労支援の強化等、高齢者のマッチングによるキャリアチェンジの促進等、
特定技能外国人を始めとする外国人労働者の適切な雇用管理の確保等などです。

◆労働保険適用徴収担当部署の重点施策

労働保険の未手続事業一層対策を推進し、さらに、労働保険料等の適正徴収等を
実施するとしています。

◆毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付

毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険、船員保険および雇用調整助成金等
の事業者向け助成金の追加給付について着実に実施するとしています(一部支払
いが始まっています)。
その他、東日本大震災からの復興支援(雇用機会創出支援等)が重点項目として
挙がっています。

【「平成31年度地方労働行政運営方針」の策定について〜厚生労働省】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04277.html




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



出退勤時に打刻しない

勤怠管理の最新動向



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆PCの起動・終了ログなどからから労働時間を予測する勤怠管理のクラウドサービス

ソフトウェア開発の株式会社ソニックガーデンは4月1日、自社が提供する月額制
の“打刻レス”勤怠管理ツール「ラクロー」が、労働基準法の「賃金台帳への労働
時間記載」(同法108条および施行規則54条)と、改正労働安全衛生法の「労働時
間の状況把握」(同法66条の8の3)に適合している旨、厚生労働省に確認がとれ
たとするプレスリリースを公表しました。
ラクローは、PCの起動・終了ログ、カレンダーの予定時刻、メールの送信時刻な
どから労働時間を予測する、勤怠管理のクラウドサービスです。従来の勤
怠管理と違い、従業員による「打刻」や「時刻入力」のプロセスがないのが大きな
特徴となっています。
同社は、4月からいよいよ施行された働き方改革関連法にともない、ユーザーから
「法が求める労働時間管理にラクローが対応しているのか」という質問が相次いで
いることへの対応としています。

◆勤怠管理(打刻)と「適正把握ガイドライン」の関係

労働時間管理における重要な指針として、平成29年1月策定の「労働時間の適正な
把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(以下「適正把握ガイ
ドライン」)があります。これにおいて、国は使用者に対し、「労働者の労働日ご
との始業・終業時刻を確認し、適正に記録すること」を求めており、その方法は労
働者の「自己申告」ではなく、「客観的な記録」(タイムカード、ICカードによ
る入退室ログ、PCの使用時間の記録等)に基づくことを原則とするものとしてい
ます。やむを得ず「自己申告」による場合は、自己申告による時間と、入退場記録
やPC使用時間記録を基にした時間に乖離が生じているときに、実態調査と補正を
すること等をしなければなりません。
前述のプレスリリースによれば、従来型の勤怠管理サービスは適正把握ガイドライ
ンにおける「自己申告」に相当するのに対し、ラクローは「客観的な記録」として
扱われるので、労働時間管理に多大な労力を必要とせず、未払い残業代請求や残業
時間上限超過など法令違反リスクもないとのことです。

◆自社にあった勤怠管理は?

労働者を対象とした勤怠管理と打刻に関する民間調査(HR NOTE「勤怠管理に関する
インターネット調査」2016年実施)によれば、「あなたの勤め先の勤怠管理方法」
で多いのは「タイムカードにて打刻」26.4%、「紙の出勤簿に記入」19.9%、「P
CのWebブラウザよりログインして打刻」15.6%と、アナログな手法もまだまだ
根強いようです。また、「勤怠管理に関する不満」としては、「正確な勤怠管理が
できていないように感じる」15.0%が最多の回答でした。労働者にとって、「正確
な勤怠管理」(=適正な労働時間管理把握)がされないことは、サービス残業や過
重労働の温床となるおそれがあり、関心の高いところです。
ラクローのような新手法にしろ、従来の手法にしろ、法律が求める要件と従業員が
求める要件の双方に対応した勤怠管理をしたいものです。

【参考】
株式会社ソニックガーデン ニュース
https://www.sonicgarden.jp/news/326



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
医療機関・介護事業所を専門とする社労士事務所
発 行 元:アスク労務管理事務所
発行責任者:所長 久保 義信
所 在 地:〒600−8216 京都市下京区東塩小路町579−11−302
TEL:075−746−7825 FAX:075−746−7826
HP:http://ask-romu.com/
配信停止希望の方は、http://ask-romu.com/まで

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆